HOME > 『調査』

『調査』

『窯業サイディング塗替診断士』

により、建物の構造、壁材の取付方法などから、最適な施工方法を検討、ご提案いたします。

『マイクロスコープ』

による塗膜状況を確認し、間違いない改修方法をご提案いたします。

  <30倍顕微鏡調査>

土台水切り部分よりサディングの直張り工法、通気工法等の調査をしているところです。

『シーリングの割れ』

劣化による割れの状態です。

雨水の流入等が考えられますので、打ち替えをお勧めします。

『チョーキング(コナ化)』

サイディング表面の塗膜の劣化により白いコナ状の物が表面に浮き出ています。

『クラス最高の高精度赤外線サーモグラフィカメラ』

により、目視では確認できない壁内の腐食・漏水も確認いたします。

建物は1軒として同じものはありません。実際に建物の状態をしっかりと見させて頂いて、建物に使用されている素材の設置状態、劣化状況にあわせた改修方法などの調査結果と合わせて、お施主様とご相談の上 塗装工事方法や予算、塗装工事期間など提案させていただきます。(無料)

建物に使用されている材料は、さまざまな部材で構成されており劣化の状況もさまざまです。各部材ごとの補修方法、塗料などを検討し無駄のないライフサイクルコストを導き出しお客様にとって効果的な改修方法をご提示いたします。

雨漏りの調査では、『高精度赤外線サーモグラフィカメラ』(有料)による診断も含めて、今までの蓄積された事例や経験から適切な判断により、早急な原因究明を行います。

お問い合わせ